新しい働き方・日常を見つける ~ワーケーションから移住~

みなさん、こんにちは!

 

最近では、新型コロナウイルスの感染者数が増えてきて在宅ワークに再度切り替わった方も多いと思います。

『外出自粛をしなきゃいけない+在宅ワーク』で家にいる時間増えて気分が上がらない・日常に新鮮味がなくてつまらないと言う方が多くなっている今、

実は新しい生活様式として注目されているのがワーケーションです。

さらにワーケーションを通して移住される方も増えてきています!!

 

今回は新しい時代に対応した”ワーケーション”についてご紹介します。

 

 ワーケーションとは

ワーケーション(Workation)とは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

ワーケーション(Workation)とは「Work(仕事)とVacation(休暇)」を組み合わせた造語です。

つまり観光地やリゾート地で休暇を取りながら仕事をするという意味で、自宅で仕事するリモートワークとは少し違う働き方です!

 

ワーケーションという言葉から「休暇中なのに仕事をするの?」と考えてしまう方もいると思いますが、「仕事をしながら旅行を満喫できる」という捉え方をしてもらった方がいいかと思います。

いつもと違うリゾート地で仕事をして仕事が終わったら温泉で疲れを取って美味しい地元の特産物を食べれると思うと仕事へのやる気がでできますよね!

ワーケーションのメリット

ワーケーションのメリット利用者だけでなく、企業や地元の方にもメリットがたくさんあります。

利用者のメリット

①リゾート地で余暇を楽しみながら仕事をできる

長期休暇を取得しなくても旅行に行けることは最大のメリットです!

「1週間の休暇を取ったけど仕事が忙しいまたはどうしても外せない会議入ってしまって急遽キャンセルしなきゃいけなくなった…」という経験はありませんか?

近場ではなく遠出の旅行を計画するのは大変だと思います。

そんな悩みを解決してくれるのがワーケーションです!

旅行先で仕事ができるので急に会議が入ってもリモートで可能です。

 

②ステイホームのストレスからの解放

出版社営業社員が感じた「若い家族こそ軽井沢でゴルフ&ワーケーション」 | EVEN

リモートワークでずっと同じ環境で仕事をしているとどうしても飽きてきてストレスが溜まってきますよね。

それに加えて、外出自粛が続いてストレスが溜まっていると仕事もプライベートもいい方向にはいきません。

ワーケーションでは、海や山などの自然に囲まれながら静かな場所で仕事をできるので集中力も高まりリフレッシュもでき効率がいい仕事ができます!

ワーケーションでの出会いや経験が仕事のアイディアに繋がることもあるかもしれませんね!

 

③地方への移住を考えている人は実際に地方での生活を体験することができる

田舎暮らしの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

会社がリモートワークになった機会に移住を検討しているけど、どんな場所か分からないから不安でなかなか移住に踏み切れないという方は少なくないと思います。

ワーケーションは【移住未満観光以上】と言われています。

ワーケーションを通してプチ移住を経験してみるといろいろな発見があって移住への決断をお手伝いになるかもしれません!

 

企業側のメリット

テレワークを継続することで従業員の満足度を高められる

新型コロナウイルスの関係で電車やバスなどの公共交通機関を使うのは怖いけど会社へ出社しなければいけないという方も多く、会社への不満に繋がることも多いでしょう。

一方で、家でリモートワークを続けていると従業員のストレスが溜まってしまい、仕事の効率が落ちてしまします。

そこで最近ではワーケーションを導入する会社が少しずつではありますが、増えてきています!

観光地・リゾート地でリフレッシュしながらみんなで仕事をすることで一気に効率が上がり、会社の雰囲気が活気付いてくるかもしれません。

 

旅行会社・宿泊施設側のメリット

新型コロナウイルスで打撃を受けた旅行会社や宿泊施設の復興

国も現在、ワーケーションを推奨しており環境省補助金の支給を決定するなどワーケーションの普及に向けて取り組んでいます。

この取り組みは、新型コロナウイルスで打撃を受けた会社や宿泊施設への復興計画の一つでもあります。

ワーケーションには欠かせないWi-Fi等環境整備の支援することで、宿泊施設もワーケーション の受け入れをしやすい体制を作ることを目指しています。
今後は、旅先でも仕事ができる環境が広がることで、更にワーケーションをすることへのハードルも下がりそうです。

 

地方側のメリット

地方の魅力に触れてもらうことで地方活性化につながる

普段はあまり旅行は行けないけどいつもとは違う環境で仕事をしようと地方に行けることはワーケーションの魅力の一つです。

普段旅行に行けない人がワーケーションを通して地方を知ることで地方の魅力を知り、また行きたいと思ってもらうことで地方活性化に繋がります!

 

ワーケーションのデメリット

一方でワーケーションにはデメリットもあります。

①リモートワークに慣れていない人は不便

仕事に慣れない新入社員が抱えがちな5つの悩み

リモートワークに慣れていない方には普段使用しているPCや機械が異なるので接続や会社の人とのコミュニケーションや連携が慣れるまでは大変なので、はじめのうちは会社に出勤したほうが楽と思う方もいるかもしれません。

 

②仕事環境が整ってない場合がある

仕事をするにはまだ設備が整っていないなどの問題が発生する可能性があります。

例えば、Wi-Fi安定していない、長時間作業するのに向いている机・椅子が無いなどです。その場合は結果として疲れてしまう場合があります。

 

③仕事休暇のメリハリが曖昧になる

 「今日はこの仕事を終わらせたら温泉入ってリフレッシュするぞ〜」と仕事へのやる気がでる一方、仕事と休暇を同時に行うで仕事は仕事、休みは休みと切り替えている人には仕事と休暇のメリハリをつけるのは少し難しいかもしれません。

 

ワーケーションはどこでできる??

 少しずつワーケーションを導入する会社が増えいるのに伴い、施設側も長期の宿泊に備えたプランを用意しています。

また、ワーケーションのために作られた仕事ができる専用施設まで登場しています。

長野県

長野県は日本のリゾート地としても有名ですが、ワーケーション促進に力を入れています。

長野県ではワーケーションを応援するために、「信州リゾートテレワーク実践支援金」という支援を実施しています。

これは、ワーケーションを利用して長野県に滞在する人対象に実施されている支援です。

(※対象者になるにはいくつか要件を満たす必要があります。詳しくは長野県庁のHPをご確認ください。)

また、三菱地所では長野県にワーケーション専用の施設の貸出を行っています。

f:id:GATourist:20201209132108p:plain

三菱地所HPより

和歌山県

和歌山県もワーケーションに力を入れて取り組んでいる都道府県の一つです。

「Wakayama Workation Networks」というプレジェクトを実施しており、宿泊施設から仕事を快適にできる施設まで紹介し貸出してくれます。

その他にも、ボランティア活動や地元の人と交流できるアクティビティも開催しているので、仕事だけでなくプライベートも充実しそうです。

 

ワーケーションに参加するためには⁇

当社ではワーケーションを体験したい!という方に向けたワーケーションツアーを企画しています!

今回実施するワーケーションの地域は長野県の上伊那地域です!

3泊を予定していて観光地を巡りながらテレワークを実施していただくことを企画しております!!

また、学生に向けた就職・U/Iターンツアーも企画しております!

こちらも観光地を回りながら現地がどんな感じなのかを実感していただけるツアーになっています。

当社のワーケーションツアーはどのエリアにも全力サポートしてくれる市役所の移住担当者がいるという点が非常に魅力のひとつです!

 

最後に…

いかがでしたでしょうか?

この記事をワーケーションについて少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!

また、当社が企画したワーケーションツアーに興味がある方はお気軽にお問い合わせください!